脂肪投入による豊牛乳とその定着%に関して

普通出来ばえになる豊乳房執刀として評価なのが脂肪投入ですが、気になるのが脂肪投入をした時の定着率では無いでしょうか。
たとえ100ccの脂肪を注入した場合でも100ccが丸々ミルクに残る訳ではありません。
20%〜40%程度しか残らないのが一般的ですので、随分理想のミルク体格にならない事もあります。
しかしながら、定着比をアップさせる為の施術もあるのです。
たとえば脂肪幹細胞投入法という執刀施術もありますが、密度のおっきい幹細胞による事によって定着比を80%周辺までアップさせる事ができます。
こういう執刀施術は色々な医院で採用されてあり、定着比をアップさせられる執刀施術として人気です。
他にも複数回に分けて執刀を行う施術もあります。
一寸ずつ脂肪を投入し、そうして敢然と定着させた後に再度投入始めるという執刀です。
一寸ずつ投入する事にて定着比がアップする厚意が生まれますし、他にも石灰化やしこりを発生させにくく行えるという厚意もあります。